だから安部 龍太郎は嫌いなんだ

TOP > 天下布武 上 夢どの与一郎 (角川文庫) [ 安部 龍太郎 ]

天下布武 上 夢どの与一郎 (角川文庫) [ 安部 龍太郎 ]

角川文庫 安部 龍太郎 KADOKAWABKSCPN_【ニコカド2016_3倍】 テンカフブ ジョウ ユメドノヨイチロウ アベ リュウタロウ 発行年月:2009年12月25日 予約締切日:2009年12月18日 ページ数:416p サイズ:文庫 ISBN:9784043659067 安部龍太郎(アベリュウタロウ) 1955年福岡県生まれ。

国立久留米高専卒業後、作家を志して上京。

図書館勤務等の傍ら作品を発表し、小説家に。

89年から1年間、「週刊新潮」に連載した「日本史 血の年表」(90年、『血の日本史』と改題し刊行)で衝撃的なデビューを飾る。

2005年、『天馬、翔ける』で第11回中山義秀文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 織田信長軍団の若武者・長岡与一郎(のちの細川忠興)は、仲間の万見仙千代、荒木新八郎らとの勝負を経て、彼らの友情に支えられ、信長の養女にして重臣・明智光秀の娘・玉(のちのガラシャ夫人)を娶った。

信長の夢に賭ける3人は、厚い友情で結ばれていたが、本願寺攻めに出陣した与一郎は、新八郎の父・村重の謀叛に気づく。

本願寺を支援する毛利勢を操る「用捨一揆」の正体とは?乱世を駆け抜けた若武者たちの運命。

本 小説・エッセイ ノンフィクション 文庫(ノンフィクション) 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・あ行 文庫 小説・エッセイ 文庫 人文・思想・社会

楽天で購入734円(税込み)