だから安部 龍太郎は嫌いなんだ

TOP > 戦国秘譚 神々に告ぐ(上) (角川文庫) [ 安部 龍太郎 ]

戦国秘譚 神々に告ぐ(上) (角川文庫) [ 安部 龍太郎 ]

角川文庫 安部 龍太郎 角川書店装丁室 KADOKAWABKSCPN_【ニコカド2016_3倍】 センゴクヒタン カミガミニツグ(ジョウ) アベ リュウタロウ カドカワショテンソウテイシツ 発行年月:2002年10月25日 予約締切日:2002年10月24日 ページ数:320p サイズ:文庫 ISBN:9784043659012 安部龍太郎(アベリュウタロウ) 1955年福岡県生まれ。

国立久留米高専卒業後、作家を志して上京。

図書館勤務等の傍ら作品を発表し、小説家に。

89年から一年間、「週刊新潮」に連載した「日本史血の年表」(90年、『血の日本史』と改題し刊行)で衝撃的なデビューを飾る。

主な作品に、直木賞候補となった『彷徨える帝』などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 応仁の乱以降、室町幕府は力を失い、群雄が割拠し、世は乱れた。

古来、神々に礼を尽くして地上の平安を守ることを務めとしてきた京都朝廷は、衰微を極めた。

弘治三年(一五五七)、後奈良天皇は後事を若き関白・近衛前嗣に託し、崩御。

前嗣の奔走が始まる。

幕府再建による朝権回復を目論む前嗣は、都を逐われた将軍・足利義輝と結び、都を支配する三好長慶を除こうと計画。

これを阻もうとする長慶の権臣・松永久秀の秘められた思惑とは?『信長燃ゆ』『関ヶ原連判状』へと続く、壮大な安部龍太郎の戦国三部作第一弾、待望の文庫化。

本 小説・エッセイ ノンフィクション 文庫(ノンフィクション) 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・あ行 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・か行 文庫 小説・エッセイ 文庫 人文・思想・社会

楽天で購入648円(税込み)